今日の聖句

  • Dec- 2019 -
    30 December

    ヨハネの黙示録 22:12-13

    見よ、わたしはすぐに来る。わたしは、報いを携えて来て、それぞれの行いに応じて報いる。わたしはアルファであり、オメガである。最初の者にして、最後の者。初めであり、終わりである。 (Revelation啟示錄22:12-13)

    Read More »
  • 29 December

    ヨハネの黙示録22:7

    見よ、わたしはすぐに来る。この書物の預言の言葉を守る者は、幸いである。 (Revelation啟示錄22:7)

    Read More »
  • 28 December

    ヨハネの黙示録 21:7

    勝利を得る者は、これらのものを受け継ぐ。わたしはその者の神になり、その者はわたしの子となる。 (Revelation啟示錄21:7)

    Read More »
  • 27 December

    ヨハネの黙示録 21:6

    また、わたしに言われた。「事は成就した。わたしはアルファであり、オメガである。初めであり、終わりである。渇いている者には、命の水の泉から価なしに飲ませよう。 (Revelation啟示錄21:6)

    Read More »
  • 26 December

    ヨハネの黙示録21:5

    すると、玉座に座っておられる方が、「見よ、わたしは万物を新しくする」と言い、また、「書き記せ。これらの言葉は信頼でき、また真実である」と言われた。 (Revelation啟示錄21:5)

    Read More »
  • 25 December

    ヨハネの黙示録21:3-4

    そのとき、わたしは玉座から語りかける大きな声を聞いた。「見よ、神の幕屋が人の間にあって、神が人と共に住み、人は神の民となる。神は自ら人と共にいて、その神となり、彼らの目の涙をことごとくぬぐい取ってくださる。もはや死はなく、もはや悲しみも嘆きも労苦もない。最初のものは過ぎ去ったからである。」 (Revelation啟示錄21:3-4)

    Read More »
  • 24 December

    Merry Christmasルカによる福音書2:14

    Merry Christmas: 「いと高きところには栄光、神にあれ、/地には平和、御心に適う人にあれ。」 (Luke路加福音2:14)

    Read More »
  • 22 December

    ヨハネの黙示録 7:16-17

    彼らは、もはや飢えることがなく、かわくこともない。太陽も炎暑も、彼らを侵すことはない。御座の正面にいます小羊は彼らの牧者となって、いのちの水の泉に導いて下さるであろう。また神は、彼らの目から涙をことごとくぬぐいとって下さるであろう」。 (Revelation啟示錄7:16-17)

    Read More »
  • 18 December

    ユダの手紙1:22-24

    疑いを抱いてい る人たちを憐れみなさい。ほかの人たちを火の中から引き出して助けなさい。また、ほかの人たちを用心しながら憐れみなさい。肉によって汚れてしまった彼ら の下着さえも忌み嫌いなさい。あなたがたを罪に陥らないように守り、また、喜びにあふれて非のうちどころのない者として、栄光に輝く御前に立たせることが できる方 (ユダの手紙) (Jude猶大書1:22-24)

    Read More »
  • 17 December

    ユダの手紙1:20-21

    しかし、愛する人たち、あなたがたは最も聖なる信仰をよりどころとして生活しなさい。聖霊の導きの下に祈りなさい。 神の愛によって自分を守り、永遠の命へ導いてくださる、わたしたちの主イエス・キリストの憐れみを待ち望みなさい。(ユダの手紙) (Jude猶大書1:20-21)

    Read More »
  • 16 December

    ヨハネの手紙三1:11

    愛する者よ、悪いことではなく、善いことを見倣ってください。善を行う者は神に属する人であり、悪を行う者は、神を見たことのない人です。 (3 John約翰三書1:11)

    Read More »
  • 13 December

    ヨハネの第一の手紙 2:2-4

    彼は、わたしたちの罪のための、あがないの供え物である。ただ、わたしたちの罪のためばかりではなく、全世界の罪のためである。もし、わたしたちが彼の戒めを守るならば、それによって彼を知っていることを悟るのである。「彼を知っている」と言いながら、その戒めを守らない者は、偽り者であって、真理はその人のうちにない。(ヨハネの第一の手紙) (1 John約翰一書2:2-4)

    Read More »
  • 12 December

    ヨハネの第一の手紙1:8-10

    もし、罪がないと言うなら、それは自分を欺くことであって、真理はわたしたちのうちにない。もし、わたしたちが自分の罪を告白するならば、神は真実で正しいかたであるから、その罪をゆるし、すべての不義からわたしたちをきよめて下さる。もし、罪を犯したことがないと言うなら、それは神を偽り者とするのであって、神の言はわたしたちのうちにない。 (1 John約翰一書1:8-10)

    Read More »
  • 11 December

    ペテロの第二の手紙3:9-10

    ある人々がおそいと思っているように、主は約束の実行をおそくしておられるのではない。ただ、ひとりも滅びることがなく、すべての者が悔改めに至ることを望み、あなたがたに対してながく忍耐しておられるのである。しかし、主の日は盗人のように襲って来る。その日には、天は大音響をたてて消え去り、天体は焼けてくずれ、地とその上に造り出されたものも、みな焼きつくされるであろう。(ペテロの第二の手紙) (2 Peter彼得後書3:9-10)

    Read More »
  • 10 December

    ペテロの第二の手紙3:8

    愛する者たちよ。この一事を忘れてはならない。主にあっては、一日は千年のようであり、千年は一日のようである。 (ペテロの第二の手紙) (2 Peter彼得後書3:8)

    Read More »
  • 9 December

    ペテロの第二の手紙 2:1-3

    しかし、民の間に、にせ預言者が起ったことがあるが、それと同じく、あなたがたの間にも、にせ教師が現れるであろう。彼らは、滅びに至らせる異端をひそかに持ち込み、自分たちをあがなって下さった主を否定して、すみやかな滅亡を自分の身に招いている。また、大ぜいの人が彼らの放縦を見習い、そのために、真理の道がそしりを受けるに至るのである。また、大ぜいの人が彼らの放縦を見習い、そのために、真理の道がそしりを受けるに至るのである。(ペテロの第二の手紙) 彼得後書2 Peter 2:1-3

    Read More »
  • 8 December

    ペテロの第一の手紙1:5-7

    だから、あなたがたは、力を尽くして信仰には徳を、徳には知識を、知識には自制を、自制には忍耐を、忍耐には信心を、信心には兄弟愛を、兄弟愛には愛を加えなさい。 (2 Peter彼得後書1:5-7)

    Read More »
  • 6 December

    ペテロの第一の手紙5:7-9

    神はあなたがたをかえりみていて下さるのであるから、自分の思いわずらいを、いっさい神にゆだねるがよい。身を慎み、目をさましていなさい。あなたがたの敵である悪魔が、ほえたけるししのように、食いつくすべきものを求めて歩き回っている。この悪魔にむかい、信仰にかたく立って、抵抗しなさい。あなたがたのよく知っているとおり、全世界にいるあなたがたの兄弟たちも、同じような苦しみの数々に会っているのである。 (1 Peter彼得前書5:7-9)

    Read More »
  • 5 December

    ペテロの第一の手紙2:9-10

    しかし、あなたがたは、選ばれた種族、祭司の国、聖なる国民、神につける民である。それによって、暗やみから驚くべきみ光に招き入れて下さったかたのみわざを、あなたがたが語り伝えるためである。 あなたがたは、以前は神の民でなかったが、いまは神の民であり、以前は、あわれみを受けたことのない者であったが、いまは、あわれみを受けた者となっている。(ペテロの第一の手紙) (1 Peter彼得前書2:9-10)

    Read More »
  • 4 December

    ペテロの第一の手紙1:3-4

    ほむべきかな、わたしたちの主イエス・キリストの父なる神。神は、その豊かなあわれみにより、イエス・キリストを死人の中からよみがえらせ、それにより、わたしたちを新たに生れさせて生ける望みをいだかせ、あなたがたのために天にたくわえてある、朽ちず汚れず、しぼむことのない資産を受け継ぐ者として下さったのである。 (ペテロの第一の手紙) (1 Peter彼得前書1:3-4)

    Read More »
  • 3 December

    ヤコブの手紙3:5-6

    それと同じく、舌は小さな器官ではあるが、よく大言壮語する。見よ、ごく小さな火でも、非常に大きな森を燃やすではないか。舌は火である。不義の世界である。舌は、わたしたちの器官の一つとしてそなえられたものであるが、全身を汚し、生存の車輪を燃やし、自らは地獄の火で焼かれる。 (James 雅各書3:5-6)

    Read More »
  • 2 December

    ヤコブの手紙1:12

    試錬を耐え忍ぶ人は、さいわいである。それを忍びとおしたなら、神を愛する者たちに約束されたいのちの冠を受けるであろう。 (James 雅各書1:12)

    Read More »
  • Nov- 2019 -
    27 November

    ヘブル人への手紙3:12-14

    兄弟たちよ。気をつけなさい。あなたがたの中には、あるいは、不信仰な悪い心をいだいて、生ける神から離れ去る者があるかも知れない。あなたがたの中に、罪の惑わしに陥って、心をかたくなにする者がないように、「きょう」といううちに、日々、互に励まし合いなさい。もし最初の確信を、最後までしっかりと持ち続けるならば、わたしたちはキリストにあずかる者となるのである。 (Hebrews希伯來書3:12-14)

    Read More »
  • 26 November

    ヘブル人への手紙1:12-14

    神は、かつて預言者たちによって、多くのかたちで、また多くのしかたで先祖に語られたが、 この終わりの時代には、御子によってわたしたちに語られました。神は、この御子を万物の相続者と定め、また、御子によって世界を創造されました。 御子は、神の栄光の反映であり、神の本質の完全な現れであって、万物を御自分の力ある言葉によって支えておられますが、人々の罪を清められた後、天の高い所におられる大いなる方の右の座にお着きになりました。 (Hebrews希伯來書1:1-3)

    Read More »
  • 25 November

    ピレモンへの手紙1:16

    しかも、もはや奴隷としてではなく、奴隷以上のもの、愛する兄弟としてである。とりわけ、わたしにとってそうであるが、ましてあなたにとっては、肉においても、主にあっても、それ以上であろう。 (Philemon腓利門書1:16)

    Read More »
  • 24 November

    テトスへの手紙3:5

    わたしたちの行った義のわざによってではなく、ただ神のあわれみによって、再生の洗いを受け、聖霊により新たにされて、わたしたちは救われたのである。 (Titus提多書3:5)

    Read More »
  • 23 November

    テモテへの第二の手紙4:1-2

    神のみまえと、生きている者と死んだ者とをさばくべきキリスト・イエスのみまえで、キリストの出現とその御国とを思い、おごそかに命じる。御言を宣べ伝えなさい。時が良くても悪くても、それを励み、あくまでも寛容な心でよく教えて、責め、戒め、勧めなさい。 (2 Timothy提摩太後書4:1-2)

    Read More »
  • 22 November

    テモテへの第二の手紙3:16-17

    聖書は、すべて神の霊感を受けて書かれたものであって、人を教え、戒め、正しくし、義に導くのに有益である。それによって、神の人が、あらゆる良いわざに対して十分な準備ができて、完全にととのえられた者になるのである。 (2 Timothy提摩太後書3:16-17)

    Read More »
  • 21 November

    テモテへの第二の手紙2:21

    だから、今述べた諸悪から自分を清める人は、貴いことに用いられる器になり、聖なるもの、主人に役立つもの、あらゆる善い業のために備えられたものとなるのです。 (2 Timothy提摩太後書2:21)

    Read More »
  • 1 November

    ピリピ人への手紙3:18-29

    わたしがそう言うのは、キリストの十字架に敵対して歩いている者が多いからである。わたしは、彼らのことをしばしばあなたがたに話したが、今また涙を流して語る。彼らの最後は滅びである。彼らの神はその腹、彼らの栄光はその恥、彼らの思いは地上のことである。 (ピリピ人への手紙) (腓利比書 Philippians 3:18-29)

    Read More »
Back to top button
Close